スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンドロメダ銀河(2016/10/24)

加算コンポジットで、銀河周辺部の淡い部分を炙り出してみました。
1枚処理でもうっすらと周辺部は浮き上がっていましたが、ノイジーでシャープさに欠けるため、
コンポジットをすることでより明瞭に浮かんできました。
ダーク補正・フラット補正無し。

D810A,VR200-400mmF4(400mm),LPR2
ISO3200, F4.5, 240秒X5枚コンポジット
Nikon View NX-i & Capture NX2, ステライメージ7(加算コンポジット)

変則使いかもしれませんが、合成する5枚の写真を、
Nikon ViewNX-i&Capture NX2で下記の写真(1枚処理のアンドロメダ銀河)のように1次処理後、
SI7で加算合成、その後、Nikon Capture NX2で仕上げています。
これを見ると、更に枚数を増やせば、周辺部の表情が明瞭にできそうです。
ただ、中央部の飽和エリアが広くなっていますから、これをどう抑えるかを考えてみたいと思っています。

アンドロメダ銀河(5)

1枚処理のアンドロメダ銀河

1maisyori

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわ。
アンドロメダ処理は難しいですよね。
中心の飽和は逆に飽和に持って行く方が注意とのバランスは良さそうです。
もっと、広い範囲からなだらかに飽和に持って行ったら、さらにいい感じになりますヾ(๑╹◡╹)ノ"

No title

すんません注意ではなく周囲の間違いです。

No title

こたろうさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
何回撮っても、その時々で仕上がりが変わってきます。
中央部も表情を出したいし~と思うと薄っぺらい貧弱な銀河になりますね。言われているように凸レンズ状に中央を段階的に明るく仕上げるのが良いかもしれませんね。今度試してみます。

No title

風来坊さまこんばんは
流石400mm迫力ありますね。
矢張り枚数コンポジットした方がきめ細かく見えますが気のせいですかね、目が悪いので。そろそろですねあと少しで新月期ですね。

No title

夕焼け熊五郎さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
周辺の淡い部分は、枚数重ねた方が良さそうですね。
新月期、天候が心配です。スカ~ッと晴れてほしいですね。
Welcome
四季の風景時計
プロフィール

風来坊

Author:風来坊
ご訪問ありがとうございます。
大阪府寝屋川市在住。
風景・野鳥・星空の写真撮影を趣味に、日本各地に出かけております。
昨年、野鳥用の600㎜F4レンズを処分し、天体撮影用に、Vixen SXP赤道義とVC200Lを導入しましたが、
残念ながら、まだ本格的に稼働させておりません。

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
アルバム
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
9763位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
2258位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。