スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大気光とオリオン(2017/01/26)

大気光とオリオン座

背景の星はしっかり写っていますから緑色の部分は、たぶん雲では無く、大気光だと思います。
一応念のため、白黒画像を2枚目に、そしてその反転画像を3枚目に添付します。
1/26 新月期、勇んで出かけましたが、天候は下り坂、21時頃から、ら雲に覆われ始め、殆ど写真は撮れませんでした。

D810A,VR70-200mmF4(70mm)
ISO3200, F7.1, 180秒X1枚
Nikon View NX-i & Capture NX2, ダーク・フラット補正無し。
ポタ赤(TP2)
和歌山県すさみ町


H290126オリオン1

白黒画像

H290126オリオン2

反転画像

20170126オリオン3
スポンサーサイト

ふたご座流星群を狙ってはみたものの(2016/12/14)

ピークを1日過ぎた、12/14 和歌山県橋杭岩に降るふたご座流星を期待して出かけましたが、2時間程撮影後薄雲に覆われ流星は撮れませんでした。月明かりがありますが、思ったより星の軌跡が沢山写っていました。

D810A,VR16-35mmF4(16mm)
ISO 400, F6.3, 15秒X250枚比較明合成

橋杭岩2

玉砕、ふたご座流星群(2016/12/14)

ピークを1日過ぎた12/14、和歌山県串本・橋杭岩に降るふたご座流星群の火球を期待して出かけましたが、
21時頃より、薄雲が掛かり、敢無く玉砕しました。で月とオリオン、ふたご座、橋杭岩の星景写真です。
満月の右におりおん座、左下にふたご座です。

D810A,16-35mmF4(16mm),
ISO400, F6.3, 15秒X1枚
固定撮影


橋杭岩

勾玉&どくろ星雲(2016/12/2)

大阪あすとろぐらふぃ~迷人会の皆様お疲れ様でした。少し雲が流れ、輝星に滲みが出ましたが、楽しい観望でした。
有難うございました。少し構図が悪いのですが、ぎょしゃ座のIC405(右:勾玉)&IC410(左:どくろ星雲)です。

D810A,VR200-400mmF4(400mm),HEUIB-ⅡFilter
ISO3200,F4.5,300秒X1枚
Vixen SXP,ビデオガイド,ガイド鏡(D80X400mmF5)
Nikon View NX-i & Capture NX2

差し替え


富士に昇るオリオン座

在庫からです。冬の星座オリオンの星景です。
富士山の右稜線から登ってきたオリオン座を20分露光で撮りました(コンポジット無し)
左の明るい光跡は木星です。上弦・下弦の頃の月明かりを利用すると、風景も奇麗に浮かび上がります。
田貫湖への星の映り込みを期待したのですが、多くは映り込みませんでした。

D800, 18mm, F10, ISO 200, 1200秒

富士に昇るオリオン座2

ソフトフィルターを使ってオリオン座の星々を強調しました。
右稜線の上にオリオン座、左稜線の上に木星


D800, 24mmF1.4(F4), ISO800, 10秒, ソフトフィルター

富士に昇るオリオン座1

見えましたカノープス(2016/11/3)

中国では、南極老人星と呼ばれ、この星を見ると長生きできると言われていたそうです。
南半球の星座(りゅうこつ座)の星で、
日本では関東以南で地平線(水平線)上の条件がよい時にのみ見れる星です。
この写真を見られた方は、きっと長生きされると思います。責任は取れませんが。(^_-)-☆

D810A,VR70-200mmF4(70㎜)
ISO 3200,F4.5,30秒X1枚、LPR2
ポタ赤(TP2)

カノープス

オリオン座周辺の淡い星雲(2016/11/3)

またまた、周参見に行ってきました。
前回の(広角での光害?の影響と思う)反省を踏まえ、
今回は、f=70㎜でオリオン座とその周りの淡い星雲を1枚で切り取ってみました。
冬の星座オリオン、オリオン大星雲は明るくて都会郊外でも目視で見ることが可能ですが、
その他の淡い星雲は見ることが出来ません。
焦点70㎜のレンズで、光害カットフィルター(一般に100㎜以上が使える条件)を使ってみました。
少し偽色?が出ていましたが、使えそうです(LPR2)。少し露出不足でノイズが多いです。
それと、ポタ赤の取り付けネジが緩み、少し流れています(撤収で気付きました)。反省!

D810A,VR70-200mmF4(70mm)
ISO 3100,F4,180秒X1枚,LPR2
ポタ赤(TP2)
Nikon ViewNX-i & Capture NX2

オリオン座周辺の星雲

冬の大三角(2016/11/01)

冬の大三角とオリオンのバーナードループを狙いました。
腕のせいか?水蒸気のせいか?光害のせいか?いまいち納得できる画像になりません。
下は地上(海上の方が正しいかな?)付近、結構水蒸気が多いのでしょうか?
広角レンズでは、光害カットフィルターが使えません(´・ω・`)
f=100㎜+LPR2で,3枚パノラマ(モザイク)合成した方が良いのかな?

D810A,24mmF1.4,
ISO 3200,F4,60秒X1枚
ポタ赤(TP2),

冬の大三角

桜島噴火と星空(2016/2/11)


今年の2月、一度、この目で見たかった桜島の噴火と(過去阿蘇山を狙って玉砕)、H2Aロケットの打ち上げを撮影対象に出かけました。桜島噴火は、2/9.2/10の夜、2台のカメラで連続撮影。
(何時噴火するか分からないし、小噴火ですから、噴火時間は数秒~数十秒、音を聞いてからシャッター押すと遅すぎます)
幸い二日目の未明に撮ることが出来ました。噴火時の明るさが不明の為、露出は暗めの設定で撮り、画像処理で暗部(空)を引き上げた為(+2.5EV)ノイズが結構乗っています。撮影地は噴煙予報を見て、噴火口から6㎞ほど離れた道の駅に設定。
山の右肩に沈む星の集団はスバル、噴火口に沈む星の集団はオリオンです。
桜島の奥は鹿児島市内です。

D7200+50㎜(75mm), ISO1600, F6.3, 30秒
星の動きは、噴火前の≒60枚をコンポジット後、続く噴火シーンを2枚を合成

≪余談≫
この撮影後、種子島に渡りましたが、2/12打ち上げ予定のH2Aは5日延期。
時間つぶしに種子島の滝見物に行き、Nikon V3 と D810と私を 水に漬けてしまいました( ;∀;)。

桜島

知床峠の星空(2016/06/24)


月の出前10分頃です。左下の雲海に浮かぶ島は、国後島です。
D810A,24mmF1.4, ISO6400,F1.8,13sec,固定撮影


Welcome
四季の風景時計
プロフィール

風来坊

Author:風来坊
ご訪問ありがとうございます。
大阪府寝屋川市在住。
風景・野鳥・星空の写真撮影を趣味に、日本各地に出かけております。
昨年、野鳥用の600㎜F4レンズを処分し、天体撮影用に、Vixen SXP赤道義とVC200Lを導入しましたが、
残念ながら、まだ本格的に稼働させておりません。

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
アルバム
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
7991位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
1790位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。